©2019 by STUDIO VIVID. Proudly created with Wix.com

 
  • かとうなおこ

姿勢Tips その4 頭の位置に気を付ける


先日加藤家小宴会が開かれ、総勢9名でお食事をしました。







母の友人たちが、若い男の子(っていっても40代!)にご飯を作らせて、みんなで食べるという小宴会。




春らしい食材がたくさん出て来て、オバサマたちは大変喜んでお帰りになられました。




わたしは、給仕兼洗い物係として活躍をしておりました。(いつものこと)




で、オバサマ達を観ていてとにかく気になったのが「頭の位置」でした。もう、みんな背中が丸まって、首が斜め前に突き出て、その上に頭がのっている。




頭って、結構重いです。なんならボーリングの玉ぐらいの重さ。





だから、これが土台のうえ(脊柱の上)に載っていないと、とっても不安定。






姿勢Tips その4は「頭の位置」です。



頭は、骨盤の上の脊椎の上に載せましょう。



骨盤の上にしっかり脊椎があることも大切で、その脊椎の延長上に頭があることが更に大切です。



言うは易く行うは難し




ちなみに一度、壁に沿って立ってみてください。




踵と壁を頭につけると、その途中はお尻、肩甲骨、頭の裏が壁につくと思います。




この時、腰と壁が離れすぎている方、要注意!!



腰と壁の間は、手のひらが1枚入るか入らないかが適切です。



それ以上は、開きすぎ。その要因としては


・骨盤が前傾している(反り腰)

・ろっ骨が開いてしまっている



この2つの要因があります。そして、この2つは「腰痛」に直結します!!!



とくに「姿勢をよくしよう♡」と常日頃から心掛けている方、無理に胸をはってしまって反り腰になりやすいです。




一説には、日本人の80%の骨盤が前傾しているとか???



とにかく、「腰痛もち」「ぎっくり腰をたまにやる」などの腰のトラブルを抱えているかた、ぜひぜひ壁たちでご自身の姿勢をチェックしてくださいね。





以前教えた生徒さん(60代女性)が、慢性の腰痛を姿勢で治されました。



週に1度はマッサージに行かないとつらかった体が、姿勢を変えたらマッサージに行く必要がなくなったって!!!



普段の姿勢次第で、慢性の痛みを取り除くこともできるのです!



みなさんの姿勢はどうですか?



一度確認してみてください♡ Ciao!

46回の閲覧