• かとうなおこ

姿勢Tips その3 おすすめの呼吸法


姿勢Tips その2「腹式呼吸って、どうなの?」から、少し間があいてしまいました!



前回のブログで、腹式呼吸は使いたいインナーマッスル4つ(横隔膜、腹横筋、骨盤底筋、多裂筋)を目覚めさせると書きました。





目覚めさせるには、深い腹式呼吸がもってこいです。



息を吸い込めば

 横隔膜 → 下がる

 腹横筋 → 横に広がる

 骨盤底筋 → 下がる

 

息を吐くときに骨盤底筋を上げることを意識すれば

 横隔膜 → 上がる

 腹横筋 → 中に引っ込む

 多裂筋 → 脊柱を安定させる



こんな動きが、体の中で繰り広げられます。なので、腹式呼吸ばかりをしていると、息を吸う度にインナーマッスルが緩み、息を吐く度に引き締まることになります。こうした状態だと、骨盤や脊柱が安定しないため、正しい姿勢を維持することができません。







わたしが推奨する呼吸は、胸式呼吸。そうです、息を吸うときにろっ骨を膨らませて、息を吐くときにろっ骨をしぼませる呼吸法。



ただ胸式呼吸をすればいいのではなく、腹式呼吸で思いっきりへこませたお腹のまま(息を吐ききった状態)から胸式呼吸に移行するのです。



すると、お腹がぺったんこの状態のまま呼吸ができます。




腹式呼吸で息を吐ききった後、お腹の皮と背中の皮があたかもくっつくようなイメージで。そうすると、勝手に骨盤が立ちます。



「骨盤を立てる!」という意識をすると、なかなか動きませんが呼吸でやると、勝手に骨盤がたつので、ぜひぜひやってみてください。



特に「よい姿勢を心掛けて腰痛になってしまった人」は、このお腹引っ込めたままの呼吸を、推します。腰痛緩和した人、本当にたくさん知っているので♡




このポーズ、腰が悪くなりそうだ!

ちなみに、胸式呼吸の際息を吐くときに骨盤底筋を引き上げる気持ちを持つと、さらに姿勢が安定します。しかも体の内側の筋肉使いまくるので、しまってきますよ♡



ぜひぜひ、おためしくださいませ♡



かとうなおこでした

Ciao!

 

48回の閲覧

©2019 by STUDIO VIVID. Proudly created with Wix.com