• かとうなおこ

姿勢Tips その2 腹式呼吸ってどうなの?


さて、わたしは武道が大好きだったので「やっぱり丹田に意識をおいた腹式呼吸がいちばんだよね!」って思っていた時期が長くあった。





腹式呼吸、よいです。



息を吸い込むときに、お腹全体を膨らませる。

息を吐くときに、お腹全体をぺっちゃんこにする。

この時、ろっ骨は動かない。




とってもシンプル。



一般的には、腹式呼吸は体によいとされています。



が、「浅い腹式呼吸」になると話は別です。



姿勢の悪い人はたいてい浅い腹式呼吸をしています。腹式呼吸ではろっ骨が動かないため、普段から浅い腹式呼吸をしていると、ろっ骨やその後ろの背骨周りがかたくなって、悪い姿勢を更に加速させてしまいます。



では深い腹式呼吸ってどういうものでしょうか?



先ほど書いた通り、息を吸うときにお腹を最大限に膨らませる。風船が膨らむかのごとく、パンパンにまるまるするまで息を吸い込む。



そして、息を吐くときはおなかをぺちゃんこにすると同時に骨盤底筋をゆっくり引き上げる。


息を吸ったときに下がった骨盤底筋が、吐き出す呼吸で引きあがると、腹横筋が横に引っ込んで、多裂筋が脊柱を安定させます。



この腹式呼吸をすると、使いたい部分のインナーマッスル(横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋骨盤底筋)が目覚めます。






ではこの深い腹式呼吸を日常でやればいいかといえば、NO!



息を吸うたびにお腹のインナーマッスルが緩み、吐く度に締まるので、骨盤や脊柱が安定しなくなります。



なので、体を目覚めさせるには腹式呼吸ですが、日常生活では別の呼吸が大事なのです♡



じゃ、日常で使う呼吸って、どんな呼吸でしょうか????



次回に続きます。




37回の閲覧

©2019 by STUDIO VIVID. Proudly created with Wix.com