• かとうなおこ

親友って何???


昨日は、年に一度の「加藤家大宴会」もといウォン・ウィン・ツァンさんホームコンサートでした。たくさんの方々にお越しいただき、大盛況でした~♡



いろんな人にお手伝いいただいて成立した、すごく素敵なコンサートでした。久しぶりに兄や姪っ子も参加してくれたので、家族総出で準備してたのしかったな~。とてもほのぼのとした、ひと時でした。



父、母、わたしの3人が揃っていないと成立しないコンサートなので、あと何回できるかはわからないけれど、本当に素敵な時間です♡



機会があったら、ぜひ来てくださいね~!



隣の部屋からこっそりコンサート風景を除くわたし


ちなみにウォンさんとのお付き合い、数えてみたら30年弱。長年にわたり成長も見守っていただいるご近所さんなので、私にとってウォンさんは親戚のおじさんみたいです(笑)



最初の出会いは私が高校3年生のとき。コズミックダンスという「宇宙のエネルギーを感じて自由に踊る」という謎過ぎるワークショップに参加したら、ウォンさんがワークショップの間ずっとピアノを弾いてくれるという、ぜいたくな内容でした。



会場が自宅近くだったこともあり、そのままみんな帰りしなに加藤家でお茶を飲む。ところ、家で仕事していた父とウォンさんが妙に仲良くなり、それから家族をあげてウォンさんファンとなりホームコンサートを開催するようになり、現在に至る。




ペルー仲間、香港仲間、ウォーキング仲間💛



最初は十数人だったコンサートも、だんだん参加者が多くなって最近では50人~60人規模になってきました。なんだかんだ宴会が多い加藤家ですが、ホームコンサートはやはり人が多い。ので、開催の度にわたしの宴会力も年々上昇し、最近では1人で采配を振るうほどになりました。いつでもスナック営業できそうな勢いですわ(笑)






ホームコンサートだから! って、久しぶりの友達たちも、「よい機会だから」と、全国からやってきてくれる💛 そんな1人であるおけいはんも、大阪からやってきてくれた。




愉しすぎた再会!


そういえば、わたしが一連の子宮業界に首を突っ込むことになったのも、このおけいはんのおかげだったな!



おけいはんは、前日から宿泊。夜に来たのに、そのまま遅くまで料理を手伝わせちゃいました。久しぶりすぎたので、料理をしながらいろいろなトークに花を咲かせた。



そんな中「直ちゃんの親友って、どういう人なの?」って質問を受けたので、考える。



わたしは「知り合い」は多いと思っているけれど、「友達」は少ないと思っている。そしてその中でも「親友」って思える人はどんな人かな、と、考えてみた。



すぐに出てきた言葉がね、「本音と建前がない人」「よく会う人、または一緒の時間が長かった人」だった。



あくまでも自分の好みなんだけれど、本音と建前がある人は好きじゃない。人前で言うことと、人の裏で言うことが全く違う人は「腹黒いな!」と思ってしまって、仲がよかったとしても結局なんだか嫌になって離れてしまう。



最近は、自分の居心地の良さを追求するものだから、興味のない人にはなるべく会わないようにしている。そして会いたい人には積極的に会っている。



そんなわけで、わたしの周りには「本音と建前」のない、竹を割ったような人たちばかり。




綾ちゃんとゆーこ💛



下町人情魂のともちゃん♡


みんな裏表なく、素直で気持ちのよい人たちばかり。パーティーで手伝ってくれる人たちも、そんな人たちばかりで「あ~、私は友達に恵まれていて幸せだな」と、しみじみ感じました。



準備段階からそんな幸せな雰囲気に包まれていたのだから、コンサート&宴会がよかったのは言うまでもないんだな、と、書いてて改めて思った💛




いつもどんな気持ちでいるか、それが本当に大事!!! 今まで「わがまますぎる」と思っていた世界は、もっともっと追求したい世界に変わりました。自分自身をまるっと受け入れて、自分の求める世界をどんどんと求めていきます~。






あとね、今までずっと手伝ってくれているともちゃん、結婚したら動きが抜群に洗練されちて「やはり普段の生活がでるものだ!」と、一人感激しておりました。



愛する人のために毎日ご飯を作ることが喜びになっているって、素敵♡ 



何歳になっても、素敵なパートナーに出会うことができるんだということ、見せてくれている友達です♡ 人生って、本当に自分次第だから、自分が望む通りの生活をしたらいいと思う、ほんとうに。



ということで、私が求める世界は何なのか、もっと追求してゆこーっと💛











©2019 by STUDIO VIVID. Proudly created with Wix.com